冬のスポーツ観戦では必須の防寒対策について

冬のスポーツ観戦では必須の防寒対策について

寒い季節であっても、開催されるスポーツ競技大会は結構な数があります。

冬季競技に参加している選手はその日の天候に最適な対策をしますが、冬のスポーツ観戦には防寒対策は必須となります。

その具体的な方法は、保温と発熱の2つに大きく分けることができます。

保温で対策するために必要な衣類やアイテム

冬の屋外でのスポーツ観戦は競技をより詳細に見るために、開放された場所が観客に提供されることになります。

寒風吹きすさぶ中で長時間その場所に留まるだけで、体温はどんどん奪われます。

着用する衣類はフード付きで裾の長いものがよいです。

サッカー選手が試合開始前に着用しているウィンドブレーカーのようなものがベストでしょう。

座って観戦する場合は、断熱効果のあるものを座布団にします。

適当なものがなければ100円ショップで売っている断熱マットでも十分効果はあります。

立って観戦する場合は、靴の中に保温効果のある中敷を敷きます。

とにかく体温を逃がさないことを心がけます。

発熱で対策するために必要なアイテム

一番簡単な発熱する道具は使い捨てカイロです。

これだけでも屋外でいる人にとっては十分に暖かいです。

ただし、直に長時間はだに触れさせたままにしないことです。

低音やけどになる可能性があるからです。

充電バッテリー付きフットウォーマーは非常に効果的です。

冬場は足元が特に冷たくなりやすいので、寒冷地で長時間の屋外待機にはおすすめの品です。

防寒対策道具を準備しただけで満足しない

これらの準備をしていても、屋外の天候しだいでは十分でない場合もあります。

観戦だけで全てが終了するわけではありません。

帰宅するために移動するだけの体力はどんな場合でも必要です。

マナー違反にならない場所でエネルギー補給、つまりは温かい食事をとることも防寒対策です。

温かい飲み物もよいですが、頻繁にトイレに行くようでは困ります。

気が付かないうちに低体温症になることのないように自分の体調に気を配り、楽しくスポーツ観戦をしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする