家族コミュニケーション3倍増の秘訣はピクニックとお弁当とエアークッション!

家族コミュニケーション3倍増の秘訣はピクニックとお弁当とエアークッション!

最近我が家では、ピクニックにハマっています。

天気の良い日には敷地の広い公園や無料で使用できるキャンプ場に行き、5歳になる娘と三人で持参したお弁当を食べています。
ピクニックにハマったキッカケを作ったのは、妻でした。

もともと私はアウトドアな事があまり好きではなく、どちらかと言えばインドアな遊びを好んでいました。
子供を遊ばせる為に休日は遊びに出ていましたが、次の日の仕事を考えて、割と早めに家に帰る事が多かった様に思います。

妻もそんな私の性格を知っており、外で食べるご飯の美味しさを伝えたかった様でした。

その後、念願のマイホームを手に入れた時に、妻からウッドデッキで食事をする事を勧められました。
半信半疑の私でしたが、天気の良い日に外で食べるご飯は格別で、衝撃を受けた事を今でも覚えています。
それからは好んでピクニックをする様になりました。

休日になれば広い芝生に同じ様なピクニック好きの家族が沢山並びます。
また、子供連れの家族も多く、皆ボールや凧、シャボン玉等子供が喜びそうな道具で楽しそうに遊んでいます。
そんなほかの家族の姿を見ているだけでも癒されます。

ただ、経験者の方はお分かりになると思いますが、地面にレジャーシートを敷き、そこに直接座っていると、時間が経つうちに腰やお尻が辛くなってきます。
お弁当をおなか一杯に食べた後なんてもう、座っているのが辛い・・・
(食べ過ぎるのが悪いのですが、外で食べるご飯が美味しいので仕方がないです!)

寝転がっても、下がゴツゴツしていてやっぱり辛い・・・
元々インドアだったせいか?この部分は慣れないままでしたが、妻も同様だったらしく、ある日、ネットで買ったという携帯用のエアークッションを持ってきました。

家族専用メインポーターとしては、エアークッションだと現地で空気を入れればいいので、持ち運びの時にかさばらないのがありがたいです。
そして、少しの差ですが、座った時にエアークッションの高さがあるだけで、お腹いっぱい食べた時の苦しさも随分軽減しました。

子供も寝心地がいいのが、エアークッションを並べてベッド!とかいいながらゴロゴロ遊んだりしています。

子供と一緒に遊び、家族で一生懸命作った美味しいご飯を食べていると、仕事でのストレスも一気に吹っ飛びます。
家族のコミュニケーションもとれるので、すべての家族にオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする